コラボ公演が終わってからも
ノンストップな8月末!

座長を務めさせていただいている
物の怪エンターテイメント企画「妖-AYAKASHI-」
第六回本公演が決まりました!!

8/25と8/26でオーディションを開催して
新たな仲間が集結してくれました(*^^*)

しかも!!ドキドキな顔合わせの日に
まさかのバースデーサプライズが・・・!!

物凄く可愛いケーキまで用意して下さって
本当に「まさか」だったので
涙腺が崩壊しそうでした(;_;)

・・・実は・・・

自分の誕生日が近づいている事に
気づいていなかったので
ずっと心臓がドキドキしっぱなしで
幸せ過ぎて足首が痙攣するという経験を
生まれて初めて体験したのは秘密です♡

↓嬉しいサプライズとケーキに大はしゃぎ(笑)

本当に有り難うございます!
感謝いっぱい過ぎてこっそりうれし泣きしました!

そんな素敵すぎる愛しすぎる仲間達でお届けする
本公演は10月27日から三日間
5ステージでお届けいたします!!

詳細は次の記事で書かせていただきますφ(..)
今回の本公演は
脚本・演出・出演をさせていただくのですが
なんとなんと!
心強い演出助手さんが…!
こちらも次回記事でご紹介したいと思います。


怖くなるくらい幸せ続きの8月に
もうひとつ楽しい経験をさせていただきました。

ちょっと怖めのダークなお写真撮影(*‘ω‘ *)

探偵さんが動きそうな「事件の予感」のショットや

学校ホラーなイメージで撮っていただいたり

他にも夕暮れの教室での
素敵シチュエーションなど
沢山撮っていただきました!

衣装がいつもの学ランなのは
私が学校イメージで持っていたのが
学ランだけだったからです(^-^;

素敵なお写真を撮って下さった
なむこつ様
有り難うございました!!



とっても久しぶりの
ブログ投稿になってしまいましたが
6月から7月…
そして8月と大変皆様にお世話になりました!

というのも…まずはコチラの感謝を
綴らせていただきます!!

8月の大イベントである
劇団キャラクター「少年夢魔ドリーム」と
青砥十先生がコラボして下さった
ノベライズ本が2.5次元舞台として
公演されました!!

『後輩書記とセンパイ会計、夢魔の王子に挑む』

私は少年夢魔ドリームを演じながら
今回演出もさせていただきました。

この舞台を実現化するために
青砥十先生の強い熱意と
妖と私の熱い想いが
数年という時をかけて
沢山の人の力を借りて
やっと辿り着いたと言う事が
本当にうれしいです!

奇跡的に、大好きな方々と
一緒に舞台を作れて
新しい出会いもいただけて
多くの学びもいただけたこの舞台は

私にとって大きな大きな
節目となりました。



沢山の方に観ていただき
Twitterでも沢山のご感想や
素敵な記事を書いていただいたり
こんな幸せな事はありません。


御来場いただいたお客様

一緒に舞台を作って下さった

共演者様、スタッフ様

応援下さった皆様

この素晴らしい機会を
与えて下さった
青砥十先生

心より感謝申し上げます!!



座長を務めさせていただいております
物の怪エンターテイメント企画
「妖-AYAKASHI-」

からお知らせが御座います!

6/18(日)13:00~17:00
妖caféが限定開店いたします!
fc2blog_20170610085055c25.jpg
fc2blog_20170610085145303.jpg
メニューにある「少年夢魔」
だとか
「ドリーム」って一体何?

と疑問を持って下さった方
有り難うございます!
彼に関しては
お知らせや募集がいっぱいなので
また別の記事で詳細を
書かせていただきます(*^^*)

カフェの場所は
いつも朗読会を開催している
みらい館大明さんです
fc2blog_2017061008500426d.jpg
6/29(木)にはこちらの
ブックカフェにて
定期朗読会を開催します!
19:00START
fc2blog_20170610084840326.jpg
お客様との距離が近い
アットホームな空間で
演者が初見読みに挑戦するという
見せ稽古形式の特殊な朗読会です。
fc2blog_20170610084743b9e.jpg
毎回オリジナルのシリーズ脚本
最新作を読んでいるのですが
作品に出て来るアイテムを
私がハンドメイドアクセサリーにして
抽選プレゼントさせていただいています!
fc2blog_201706100852526ce.jpg
お時間が合いましたら是非
遊びにいらして下さい!

朗読会の演者仲間もどんどん増えてきて
様々な演者さんと共演できる喜びで
ほくほくな今日この頃です(〃艸〃)

あっと言う間にもう6月!!

先月末からやっていた
住居のインターネット回線工事が
終わったので
今日はブログデーにしようと
キーボード前に座っています(・ω・)

息つく間もなく
2月バレンタインイベントから

3月友情公演
fc2blog_201706100820198c2.jpg
fc2blog_20170610082114e08.jpg

そして5月の近代能楽集
「葵上⇔卒塔婆小町」
fc2blog_20170610081858647.jpg
楽しく駆け抜けてきたこの三ヶ月でしたが
これも応援して下さった皆様のお陰です!
御来場下さった皆様
支えて下さった皆様
心より感謝申し上げます!!

「葵上⇔卒塔婆小町」では
初の作演出・出演をさせていただきましたが
多くの方にお声を掛けていただき
お客様からあたたかいお言葉も沢山いただけて
感涙いたしました。
やっていて良かったと、胸が熱くなりました。
本当に有り難うございました!!

公演やイベントの他にも
毎月の定期朗読会や
Ustream番組の放送
劇団ツイキャス、個人ツイキャスなど
ちょこちょこと色々な活動をしてきていたので
近況報告としても、今日はブログをがっつりと
書いて行きたいと思います。

主にお知らせがいっぱいなので
お時間がある時に
覗いていただけると嬉しいです(*uu*)




今回のブログは本当に感謝いっぱいです



2/23『木曜日の小さな朗読会』


ご来場、ツイキャス配信のご視聴


誠に有り難うございました!



新たな試みであるツイキャス配信ですが


次回朗読会も1枠配信させていただきます(*^^*)


ご来場下さったお客様には


定期朗読会一年目の感謝を込めて


毎回少年夢魔のショートショート小説と


情報ペーパーの他に


逢魔横丁シリーズに出てくる


アイテムを模したハンドメイドグッズも


プレゼントしちゃいます!


ハンドメイドプレゼントは


毎回では無いのですが


毎月役者達から


感謝を込めて手渡しでお届けする


小さな粗品をご用意致します(*uu*)


次回は3/30(木)19:00START


皆様にお会い出来るのを


楽しみにしております!



2/26『妖怪卸河岸』では


8月に舞台化する


少年夢魔ドリームコラボ作品


ノベライズ本と


12月ブラッククリスマスにお届けする


コミカライズ本。


そして新作の定期朗読会での


シリーズ脚本。


かしわ演劇祭初出場の演目


『モノクローム症候群』を


多くの役者陣で再び発症させた


地下本も


沢山の方にお手に取っていただきました!


素敵なご縁もいっぱいいただいて


本当に感謝の嵐です(*uu*)



そんな中


2月中の稽古も


熱く激しく進んでおります!!



3/11(土)~3/12(日)


私が座長を務めております


物の怪エンターテイメント企画


「妖-AYAKASHI-」は


永遠のチキンライスさんと


『友情公演』を開幕致します!!


前代未聞!!妖初のコメディです!


三本立てでボリュームたっぷり


沢山笑っていただけるお芝居です(*^^*)



お客様に笑っていただける


本番を目指して


妖メンバーも燃えに燃えております!


◆タイムテーブル


3月11日(土)15:00/19:00


3月12日(日)13:00/17:00


※開場は30分前です。


◆チケット


前売り券/2,000円


当日券/2,500円


◆ご予約


下記サイトにて承ります。


https://www.quartet-online.net/ticket/yuujyo?m=0efcfhb


◆劇場・交通


キーノート・シアター


東京都荒川区西日暮里1-1-1 パレスいしかわB1F


JR線 西日暮里駅 徒歩13分


         三河島駅 徒歩6分


千代田線 町屋駅 徒歩7分


京成本線 新三河島駅 徒歩2分


◆出演


★『就職がしたい』(脚本:桃氏)


鮎川あずさ(妖)


飯村勇太


大谷圭悟


金山健二(RKU残党軍)


東木卓也(柏市民劇場CoTiK)


★『天下一おばけ屋敷』(脚本:チームAYAKASHI)


鮎川あずさ(妖)


篠宮昭博(RKU残党軍)


鈴木未恵子(妖)


関根礼句(妖)


槻城耀羅(妖)


北條一徳(妖)


★『結婚がしたい』(脚本:桃氏)


今泉務(RKU残党軍)


金山健二(RKU残党軍)


河北学


塩足亮二


篠宮昭博(RKU残党軍)


????


◆スタッフ


舞台監督 大谷圭悟


照明 小川真樹


音響 寺床圭介


制作 鮎川あずさ・Dark Ages 絆



お時間が合いましたら是非


妖の初コメディを見届けて下さい!



最後まで読んでいただき


有り難うございます!